宮城県石巻市立渡波中学校の取り組み

東京2020オリンピック・パラリンピック教育推進校
石巻市立渡波中学校の取り組み

フェイスペインティング講習会:石巻市立渡波中学校

後列左から2番目/当会代表理事・深井仁美先生、3番目/渡波中学校校長・中塩栄一先生、後列右側/当会認定講師・下原由加先生、他は渡波中学校教員、講師、フェイスペインティング・サポーターのみなさん

東日本大震災にて学区のほとんどが津波の被害を受けた石巻市立渡波(わたのは)中学校は、東京オリンピック・パラリンピック推進指定校となっており、その活動の一環として日本フェイスペイント協会の「フェイスペインティング・サポーター」へ全校あげての参加に取り組んでいただきました。その活動内容をご紹介します。

中塩栄一校長(日本体育大学卒)より、取り組みについて

東日本大震災で海岸線から200メートルに位置した校舎をはじめとする学区のほとんどが津波の被害を受け、被災から6年後の2017年4月に小学校敷地内に間借りしたプレハブ校舎から新築校舎へ移転。
同中学校は東京オリンピック・パラリンピック推進指定校とされ、着任した中塩栄一校長があらたな学校づくりの推進と東京オリンピック・パラリンピックとのシンクロを模索するなか、同校の生徒70%が「東京オリンピック・パラリンピックに貢献したい」という、非常に高い意識調査結果をもとに、将来的な地域貢献と笑顔につながるフェイスペインティング・ボランティアに着目。
オリンピック・パラリンピック フェイスペインティングボランティアとして参加した学生達における更なるボランティア参加の推進と仕組みづくりを大会後のレガシーとして地域で継承していく教育方針を固めた。

 

全校生徒フェイスペインティング講習会の開催

2017年8月29日(火)、石巻市立渡波中学校(宮城県石巻市)にてフェイスペインティング講習会を開催しました。同校は2020年の東京オリンピック・パラリンピック教育推進校になっており、講習会ではフェイスペインティング専用絵の具や筆の使い方、注意点などを学び、「日の丸」「五輪」をペインティング、さらに9月に開催される運動会での組別のトレードマークをペインティングしました。運動会では応援合戦でペインティングを披露するため、生徒たちはそれぞれ楽しみながらも一生懸命練習していました。

  • ねらい:フェイスペインティングの活動を通して、オリンピックパラリンピックについての理解を深め、ボランティア精神の生徒を育てる
  • 会場石巻市立渡波(わたのは)中学校・体育館及び武道場
  • 受講生:全校生徒(約300名)
  • 講師:JFA日本フェイスペイント協会 代表理事 深井仁美認定講師 下原由加、玉城ゆかり(2級資格取得)、勝又みゆき(1級資格取得)
  • フェイスペインティング・サポーター:宮本悠合(石巻市)、井黒美晴(仙台市)、熊谷真理子(仙台市)、武田光晴(新潟県)

 

講習会の様子

全ての画像は以下からご覧いただけます。

》》 フェイスペインティング講習会「石巻市立渡波中学校」

「大運動会」でのフェイスペインティング実施

渡波中学校運動会フェイスペインティングの画像

2017年9月3日(日)晴天の中、石巻市立渡波中学校の大運動会が開催されました。同校は東日本大震災で被災し、小学校敷地内に間借りしたプレハブ校舎で授業を続け、運動会も市内の中学校を半日だけ間借りして開催してきました。それから6年後の今年4月に新築校舎へ移転して、初めての運動会となりました。

運動会では、昼食休憩を利用して、全校生徒が事前に行われた「フェイスペインティング講習会」で練習した青・赤・黄の組別のトレードマークのフェイスペインティングを施し、応援合戦をはじめ、綱引き、選抜リレーなどの競技を行い、父兄と共に大変な盛り上がりを見せました!

また、「フェイスペインティング講習会」で講師を務めた当会代表の深井仁美、下原由加講師、フェイスペインティング・サポーターの武田光晴さんも視察しました。「講習会ではふざけたり、恥ずかしがっていた生徒が、運動会では、とても真剣にフェイスペインティングしていたのが印象的。」と深井代表。生徒達からは「組別のそろいのフェイスペインティングで一体感を感じた。」「テンションがあがった」「カッコよくなった」「すごく楽しい」などの声も上がり、笑顔が溢れていました。

 

当日の様子

全ての画像は以下からご覧いただけます。

》》石巻市立渡波中学校「大運動会」フェイスペインティング視察

「フェイスペインティング・サポーター」の詳細はこちらから

全校生徒アンケート

後日、先生方のご厚意により、全校生徒対象のアンケートを実施していただきました。

以下にその一部をご紹介します。(画像をクリックすると、大きな画像をご覧いただけます。)

 

フェイス&ボディペインティング技能検定に挑戦!

2017年12月25日、全校生徒及び教員、計342名が、当会が実施する「フェイス&ボディペインティング技能検定」の4級を取得しました。全校生徒による検定取得は全国初です!「将来は3級取得を目指したい」という意欲的な生徒さんもいて、今後、学校行事や地域活動でも、活躍が期待されます。将来、フェイスペインティング・サポーターとして活動した学生達が、地元のイベントや様々なシーンでフェイスペインティングを実施し、ボランティアの仕組みづくりを地域で継承していくことが出来たら素晴らしいですね!

 

 

メディア掲載

石巻日日新聞

2017年9月1日(金)石巻日日新聞にて、オリンピックパラリンピック・フェイスペインティングポランティアの活動が掲載されました!
2020年の東京オリンピック・パラリンピックの教育推進校となっている同校が全校生徒を対象にして実施、日本フェイスペイント協会の「オリンピック・パラリンピック フェイスペインティングボランティア」が協力して開催した会となります。

記事では、2017年8月29日(火)に開催された「石巻市立 渡波中学校」でのフェイスペインティング教室の様子をご紹介いただきました。活気と楽しさ溢れる会の様子が伝わります!ぜひ記事をお読みください。

》石巻日日新聞のWEB記事はこちらから
https://hibishinbun.com/news/?a=8260

 

石巻かほく新聞

2017年9月1日(金)石巻かほく新聞にて、8月29日に石巻市立渡波中学校で実施した、オリンピックパラリンピック・フェイスペインティング講習会についての記事が掲載されました!
2020年の東京オリンピック・パラリンピックの教育推進校となっている同校からの依頼で、協会代表の深井仁美先生、認定講師の下原由加先生が、ボランティア参加者のみなさんと一緒に全校生徒を対象にしたフェイスペインティングのレクチャーを実施、大盛況のうちに終了いたしました。

》石巻かほく新聞のWEB記事はこちらから
http://ishinomaki.kahoku.co.jp/news/2017/09/20170901t13002.htm

 

検定・資格認定講座 日程一覧

CONTENTS

メールマガジン

毎月1回、フェイスペインティング情報や、公式ショップのお得なセール情報、セールクーポンなどなど好評配信中です!!

メールマガジン登録・解除はこちらから

類似団体にご注意ください

NPO法人日本フェイスペイント協会®は、2002年に設立された日本で最初のフェイスペインティング普及のための団体です。皆様に支えられて2017年に設立15周年を迎えました。その他の類似名称の法人・団体とは一切関係ありません。類似名称の講座・セミナーにご注意ください。当協会の実施する資格制度は、20年にわたり延べ100万人以上の方にフェイスペインティングを実施した実績を集約・高度化して創設され、資格取得者は累計で約3000人以上の信頼と実績のある資格となっています。

了解しました

Top