【イベント活動報告】フェイスペインティング・サポーター「東京2020オリンピックに向けた鹿嶋市2年前イベント」

   

2018年10月27日(土)28日(日)カシマスポーツセンター及びカシマサッカースタジアムで開催された
「東京2020オリンピックに向けた鹿嶋市開催2年前イベント」フェイスペイントブースを当会の深井代表が視察しました。

鹿嶋市では東京2020オリンピック・パラリンピック開催に向け、
地元でフェイスペインティング・サポーターを養成をしていくことが決まったばかり。

今回は鹿嶋市商工会青年部がメインアリーナで無料フェイスペインティングを実施しました。

当会の深井代表は鹿嶋市長からも
「鹿嶋市のオリンピック・パラリンピックが盛り上げるよう、よろしくお願いしますね!」と激励をいただきました。

このイベントは鹿嶋市主催(東京2020オリンピック・パラリンピック鹿嶋市推進協議会)の大変大きなお祭りで、オリンピック・パラリンピックの様々な競技が体験できるコーナーや、
研ナオコさんや鹿島アントラーズ中田浩二氏、新日鐵住金鹿島硬式野球部中島彰一氏によるトークショー等々、
超盛りだくさんの内容で市内外、県外からも沢山の来場者でにぎわっていました。

28日には、東京2020オリンピック・パラリンピック公式マスコット「ミライトワ」、「ソメイティー」も登場!!

鹿嶋アントラーズのお膝元という事もあって、お子さんから大人の方まで、サッカーボールのフェイスペインティングが大人気!

皆さんとコミュニケーションを取りながら楽しくフェイスペインティングを実施しました♬

初心者でもお子さんでもOK!「フェイスペインティング・サポーター」詳細・お申し込みはコチラから
最新情報はフェイスペインティング・サポーター ▼公式facebook  ▼公式インスタグラム にて発信中♬

CONTENTS

類似団体にご注意ください類似団体にご注意ください

NPO法人日本フェイスペイント協会は、2002年に設立された日本で最初のフェイスペインティング普及のための団体です。皆様に支えられて2019年に設立17周年を迎えました。その他の類似名称の法人・団体とは一切関係ありません。類似名称の講座・セミナーにご注意ください。当協会の実施する資格制度は、20年にわたり延べ100万人以上の方にフェイスペインティングを実施した実績を集約・高度化して創設され、資格取得者は累計で約3500人以上の信頼と実績のある資格となっています。

了解しました

Top