2016年12月10日(月)読売新聞掲載「マタニティペイント」

   

2016年12月10日(月)読売新聞掲載 ”おなかに絵 安産祈る「マタニティーペイント」安全な水彩、資格者も急増”

当会と当会会員の福田桂子さんがマタニティペイントについて読売新聞の取材を受け、記事が掲載されました。福田桂子さんは当会のフェイス&ボディペインティング技能検定1級、認定マタニティペイントアーティストの資格を取得し、長崎で活躍されているアーティストです。マタニティペイント資格認定講座についてはこちら ポータルサイトマタニティペイントドットコムへはこちら フェイス&ボディペインティング技能検定についてはこちら
【Yahooニュースにも掲載された同記事】長崎県佐世保市でマタニティーペイントを手がける画家の福田桂子さん(31)は「描かれた妊婦や家族みんなが幸せな気分になれる」と優しく絵筆を走らせている。
佐世保市内のフォトスタジオに11月中旬、妊娠9か月の松下沙也加さん(26)(長崎市)が姿を見せた。福田さんに依頼したのは「サンタからの贈り物」をイメージした絵柄。クリスマスの時期に女の子が生まれるためだ。福田さんは健康に害のない専用の水彩絵の具を使用。約40分かけて、サンタの帽子をかぶった赤ちゃんを描きあげた。松下さんは「初めての出産で、何か記念に残したかった。子どもが生まれる実感が湧いてきた」とほほ笑んだ。松下沙也加 マタニティーペイント 福田桂子 長崎県佐世保市 サンタ 水彩絵の具 絵筆 長崎市 佐世保市内 出産

2016.12.10読売新聞掲載マタニティペイント

 

ブログメニュー

検定・資格認定講座 日程一覧

CONTENTS

メールマガジン

毎月1回、フェイスペインティング情報や、公式ショップのお得なセール情報、セールクーポンなどなど好評配信中です!!

メールマガジン登録・解除はこちらから

類似団体にご注意ください

NPO法人日本フェイスペイント協会®は、2002年に設立された日本で最初のフェイスペインティング普及のための団体です。皆様に支えられて2017年に設立15周年を迎えました。その他の類似名称の法人・団体とは一切関係ありません。類似名称の講座・セミナーにご注意ください。当協会の実施する資格制度は、20年にわたり延べ100万人以上の方にフェイスペインティングを実施した実績を集約・高度化して創設され、資格取得者は累計で約3000人以上の信頼と実績のある資格となっています。

了解しました

Top