マタニティペイントのご紹介です

   

こんにちは。

今回は「マタニティペイント」についてご紹介したいと思います。

「マタニティペイントって!?」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、妊婦さんの大きくなったおなかにボディペイントを施すことを「マタニティペイント」と呼んでおります。

詳しい発祥などは不明なのですがインドやモロッコあたりでは妊婦さんのお腹へ安産祈願にメンディ(ヘナ・タトゥ)をする風習があるようです。そんなところから派生してるのかもしれませんが、しかしあの大きなお腹を見たら誰だって何か描きたくなりますよね。

一つ目はジャジャーン!ザ・「曼荼羅」です!
マタニティペイント 曼荼羅
生命という倫理的なテーマになるとどうしても仏教思想が出てしまうのですが、あまり込み入った宗教臭いのもなんですから、抽象的なデザインのものを描いてみました。

使用している絵の具は主にmeronですが、すごく綺麗に赤が発色するのでこの赤の美しさを最大限に活かしたいという思いもありました
仕上がりはアジアンビューティーって感じで、美しい写真が撮れています。

続いて第2回戦!

今度は「ロータス」です!
マタニティペイント「ロータス」
暗緑色のグラデーションに光りを放って咲き誇る蓮華です。いいですよね、蓮って!神々しくて。こりゃ確かに御釈迦さんが座ってそうです。画面の作りこみに少し手こずりましたが、いい出来栄えです!
ところでこの「ロータス」、このデザインを考えた時、「モネ展」を見に行ってきたばかり。デザイン画を見てすぐにモネの影響が出ているのかなあという感じがしていますが、描いた本人は無意識のうちにデザイン画を思いつき、描きあげてから「あ、そうか、モネ見てきたからかぁ。」との感想。

そうですか、無我の境地だったのですかね・・・
と、とにかくなかなか楽しいマタニティペイント。

妊娠線もなんのその、とてもいい記念になりますよね。お腹があれば(笑)もっとオモシロ系のマタニティペイントも描いて行きたいところですが、モデルさんが限定されてしまいますので、また貴重な機会が巡ってきたら是非トライしたいと思います。

またもし、人生の記念にマタニティペイントをしてみたい!という方がいらしたら、出張サービスも考えていますので是非コンタクトしてください。お待ちしてます!

このページに掲載されている作品はプロアーティストのDecodecoが制作しております。

マタニティペイントに関する質問・お問い合わせ等詳細はこちらからお願いいたします。

※当ウェブサイトに掲載しているデザインは全て日本フェイスペイント協会の著作物です。
個人的、家庭内、もしくはこれに準ずる範囲内で 使用する目的以外に、無断で使用することは法律で禁じられています。

CONTENTS

類似団体にご注意ください

NPO法人日本フェイスペイント協会は、2002年に設立された日本で最初のフェイスペインティング普及のための団体です。皆様に支えられて2019年に設立17周年を迎えました。その他の類似名称の法人・団体とは一切関係ありません。類似名称の講座・セミナーにご注意ください。当協会の実施する資格制度は、20年にわたり延べ100万人以上の方にフェイスペインティングを実施した実績を集約・高度化して創設され、資格取得者は累計で約3500人以上の信頼と実績のある資格となっています。

了解しました×再度表示しない

Top